BL5 レガシイ車高調取り付け作業。



BL5レガシイにHKSのハイパーマックスⅣGT取り付け作業依頼です。

c0236613_8444159.jpg


一旦ブラケットやシートロックを取り外し、固着防止のためにグリスアップを施しておきます。

c0236613_8455929.jpg


このブログを見て下さっているマニアックなお客様からマニアックなネタを希望されたのでこちらでの車高調取り付けや車高調整方法の内容を伝えてみようと思います。


いつもは取り付けアライメント調整の文章しか記載しておりませんが、今回は内容を詳しく説明いたします。この作業はいつも行っている内容です。そんな事当たり前にやってるよという方はスルーしてください。


車高調を一旦分解をして固着防止のグリースアップを行います。この時に左右のスプリングセット長とダンパーのケース長を揃えます。


車両にダンパーキットを取り付けして車高調整作業を行います。この時にサスペンションブッシュのボルトナットは全て緩めておきます。そうしておかないとブッシュの反力がかかってしまうからです。


次に現状の車高を確認します。主に左右の高さの違いを確認します。ここで左右に車高の差があった場合、全長調整式の車高調の場合どこを調整していくかが重要になります。いきなり全ての箇所を調整してはいけません。(こちらでの作業方法なので間違っていたら教えて下さい)
まず左右の高さを揃えていきますが、こちらはスプリングのシートの高さを変更していきます。理由は左右のスプリングには同じ荷重がかかっていないので左右の車高バランスが変わってしまっているからです。という事は、スプリングの縮んでいる量が違うという事になります。まずは荷重のかかった状態でのスプリングの長さを揃えてやる必要があります。この作業が終われば次は目標とする車高にダンパー長を変えて調整していきます。


車高が決まったら1G状態でサスペンションブッシュのボルトナットを締め付けていきます。1G状態でブッシュが中立状態になるのでブッシュ本来の性能が発揮出来ます。また、ブッシュのへたりも少なくなり、車高調取り付け後の車高の変化量も少なくなるはずです。


今回はキットにリヤの減衰調整ケーブルが付属されていたので内装に穴を開けてケーブルを取り付けしました。

c0236613_915060.jpg



ここまで終わると、仕上げのアライメント調整作業に入ります。

c0236613_9163062.jpg



今回の車両はリヤのトウとフロントのキャンバーとトウの調整になります。

運転席に乗り込むとトウやキャンバーが変化するのでそれらを見越して調整を行います。
車両によっては大きく変化する車両もあります。


以上でこちらでやっている車高調の取り付け作業は完了です。


作業依頼、ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-27 09:27

<< CP9A ランサーエボリューシ... BL5 レガシイSTi リヤL... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE