MR2-AW11ターボ用エキマニ


やっと完成しました。

c0236613_18171991.jpg



ターボ化したMR2-AW11。中古のエキマニを使用してフロントパイプやサクションをワンオフで製作して取り付けていましたが、サーキットを走るたびにエキマニにクラックが入っていたので製作。

c0236613_18214571.jpg


やっと出来上がりです。
3ミリのパイプを使ってあるので今回は大丈夫だと思います。

バンテージを巻いて出来上がり。

c0236613_18223856.jpg


もう少しでAW11ターボ復活です。
[PR]

  # by sij1999 | 2012-02-22 18:23

最近の作業風景

競技者のランサーエボ6の車検整備です。
c0236613_15284813.jpg



作業内容は一般的な車両とほぼ変わりませんが、ハードに使用されているため傷んでいる箇所も多いです。

年間の走行距離は少ないのですが、ダートの上を走るのでブレーキキャリパーは車検毎のオーバーホールがお勧めです。



キャリパーピストンは奇跡的に再使用可能でした。

c0236613_15321481.jpg


c0236613_1534087.jpg


錆を落として信頼性の高いワコーズのグリスを使用して組み付けて完成です。
[PR]

  # by sij1999 | 2012-02-19 15:34

セッティングについて   つづき

こんにちは。

セッティング?チューニング?のつづきのお話です。


大まかなチェックを一通り済ませた後、今度は燃料や点火のチューニング作業に移ります。


c0236613_2238661.jpg


当店ではダイナパックを使用してセッティング、チューニングを行っていきます。

ダイナパックを使用するメリットとして、エンジン出力の計測が可能な事でバルブタイミングや点火時期、空燃費を変化させてエンジン出力がどのように変化していくのかを計測しながらの作業を行っていきます。
結果として、出力の向上が見込めないのにマージンを削ったチューニングを施さないように作業をすすめていくことが可能です。

実走でのチューニングと違い、車両及びドライバーの危険度が格段に低い。最大のメリットはここにあると自分は思っています。あと、作業中に使用する燃料が少なくて済みます。

ダイナパックの上ですが4速、5速の全開を何十回と繰り返します。実走ではリスクもありますし、タイヤ、ブレーキすべてにおいてきっちりメンテナンスされていないとなかなか踏み切れないと思います。以前は自分もやっていたのでわかります。

一通りのマップが完成した後、冷間時の始動性や暖気中、暖気後の再始動性をチェックしてダイナパック上でのチューニングはおしまいです。

c0236613_2341078.jpg


最後に実走にて低負荷域の微調整やフィーリングがおかしなところはないかチェック。
人それぞれ乗り方って違うのでこのあたりで意外と苦労する事があります。


大まかですが、こんなやり方で作業しています。


それでは。
[PR]

  # by sij1999 | 2012-02-15 23:14

セッティングについて

今日はセッティングについてのお話です。

セッティング、マッピング、チューニング、色々と言い方はありますが、自分なりの解釈としては、マッピングとチューニング、この2つは同じ内容と思っています。マッピングとチューニングはほぼパソコンの操作のみの費用となります。プラグのチェック等は含まれます。ECUチューニングの基本料金のようなものですね。

続いてセッティングについて、こちらはもっと幅が広くなります。各部の基本チェックから始まり、燃圧チェック、圧力漏れチェック等車両のコンディションによって大きく費用が変動していきます。

ターボ車で一番多くあるのがホースバンドの緩みやホースの劣化による圧力漏れです。

たまにはこんな事もあります。
c0236613_13535847.jpg

画像は修理後です。

あれ?バンドはしっかり締まってるはずなのにどっから漏れる?って感じでした。

続きはまた今度。
[PR]

  # by sij1999 | 2012-02-12 22:28

出来る限りやってみる

初代RX-7 SA22のダッシュボードです。状態が悪いのでお客様から交換してほしいとの要望があり早速手配しようとしてみましたが、程度の良さそうな中古も無く、新品は生産終了・・・・
c0236613_1071319.jpg


知り合いの専門の業者さんに問い合わせてみたところ、きれいになおせそうにないので修理を受けたくないとの事でした。お客様にその旨を伝えたところ、現状よりも目立たなくなればそれで良いとの事なので業者さんに無理を言って作業のお願いをして持って帰ってもらいました。

2週間後、修理が完了しましたと業者さんから連絡がありダッシュボードを持ってきてもらいました。

業者さん<とりあえず現物を見てください(なにやら不安げな様子)

自分<どうかしましたか?

業者さん<出来る限りはやってみたのですが納得できない仕上がりなんです。

現物を見てみると

c0236613_1022026.jpg


自分<あの状態がここまで治れば十分でしょう。

業者さん<いいえ、納得出来ないので見積もり金額ほどの請求は出来ません。

自分<・・・・わかりました。

この方の考え方は自分の考え方とよく似ているなと思いました。
自分の中の基準を満たしていなければ、どんなに苦労してやった作業でも費用っていただきにくい物なんです。会社にとってはマイナスですね・・・


だけど、そういうこだわりっていつまでも大切にしていきたいと思いました。
[PR]

  # by sij1999 | 2012-02-11 10:33

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE