<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

EC22S ツイン ターボ化。



EC22S ツインにターボエンジンをスワップしました。

c0236613_18451516.jpg


仮付けだったボンネットダクトや錆の発生していた箇所も板金と塗装をされてきれいに仕上がっています。

c0236613_18453272.jpg



今回はATのままのターボ化です。走行距離が多い車両がベースとなったのでATに滑りが発生。

リビルト品で対応させていただいたのですが、不良だったのか3速での滑りがまた発生。

中古品と違い、リビルトは保障が付いているのですぐに代替品を送ってもらいました。

載せ替え完了。

c0236613_18492921.jpg


試乗チェックして作業完了です。絶好調です。



続いてRB26のオーバーホール。

まずは計測から。

c0236613_18533269.jpg


c0236613_18535480.jpg


c0236613_18541075.jpg


c0236613_18542423.jpg


各部の計測が終わったので加工に出します。
[PR]

  by sij1999 | 2016-06-22 18:56

JZX110 マークⅡ 作業色々。



ブログ更新サボってますね・・・・。

なぜか今年は作業が順調に進まないパターンが多い気がします。
気にしても作業が進む訳ではないので気を取り直して作業を進めていきますよ。

JZX110 マークⅡの作業です。

まずはリヤデフを事前にLSDを組込みしていたキャリアごと交換します。

c0236613_8392028.jpg


c0236613_8393855.jpg


デフを降ろしたついでにデフマウントカラーも装着します。

c0236613_8403415.jpg


c0236613_8405443.jpg


デフを搭載してリヤ廻りは完了です。

次にインタークーラーの取付け。

HPI製のインタークーラーです。車種別のちゃんとしたキットなのですが、スロットル側のパイピングがどうやっても取り付け出来ませんでした。

c0236613_844913.jpg


作り直し。

c0236613_8434637.jpg


これで取付けする事が出来ました。


次は別車両でのトラブルです。

HKSのF-CON isを取付けしてセッティングを行う予定なのですがなぜかうまくいきません。

エンジンは問題なく始動。走行するとギクシャクしてまともに走れません。空燃費が安定しない為です。
ログをとってみると燃料の出力値がおかしな事になっています。
サブコンは入力値を元にタイミングを変えて出力するので入力値を確認してみます。

自分たち(整備に関わっている人たち)はこういったトラブルシューティングを行う際にはなぜそのような状況が起こっているのかを判断しなければなりません。経験や情報もそのそのひとつになりますね。

経験や情報だけで不調が見抜けるのであれば苦労はしません。目に見えて分かる機械的な破損などは判断がしやすいのですが、難しいのは目に見えないところにあります。

電気であったり異音であったりさまざまな目に見えない物が存在します。
これらをまずは見えるようにする事が重要になります。診断機やアライメントテスター等もそのひとつです。

今回使用した機材はオシロスコープ。通常あまり出番はありませんが、これが無くては判断出来ない事もたくさんあります。

c0236613_95650.jpg


c0236613_96066.jpg


これで問題点は発覚したのですが、対策できるのでしょうか?

つづく。
[PR]

  by sij1999 | 2016-06-17 09:10

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE