<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

BL5 レガシイ車高調取り付け作業。



BL5レガシイにHKSのハイパーマックスⅣGT取り付け作業依頼です。

c0236613_8444159.jpg


一旦ブラケットやシートロックを取り外し、固着防止のためにグリスアップを施しておきます。

c0236613_8455929.jpg


このブログを見て下さっているマニアックなお客様からマニアックなネタを希望されたのでこちらでの車高調取り付けや車高調整方法の内容を伝えてみようと思います。


いつもは取り付けアライメント調整の文章しか記載しておりませんが、今回は内容を詳しく説明いたします。この作業はいつも行っている内容です。そんな事当たり前にやってるよという方はスルーしてください。


車高調を一旦分解をして固着防止のグリースアップを行います。この時に左右のスプリングセット長とダンパーのケース長を揃えます。


車両にダンパーキットを取り付けして車高調整作業を行います。この時にサスペンションブッシュのボルトナットは全て緩めておきます。そうしておかないとブッシュの反力がかかってしまうからです。


次に現状の車高を確認します。主に左右の高さの違いを確認します。ここで左右に車高の差があった場合、全長調整式の車高調の場合どこを調整していくかが重要になります。いきなり全ての箇所を調整してはいけません。(こちらでの作業方法なので間違っていたら教えて下さい)
まず左右の高さを揃えていきますが、こちらはスプリングのシートの高さを変更していきます。理由は左右のスプリングには同じ荷重がかかっていないので左右の車高バランスが変わってしまっているからです。という事は、スプリングの縮んでいる量が違うという事になります。まずは荷重のかかった状態でのスプリングの長さを揃えてやる必要があります。この作業が終われば次は目標とする車高にダンパー長を変えて調整していきます。


車高が決まったら1G状態でサスペンションブッシュのボルトナットを締め付けていきます。1G状態でブッシュが中立状態になるのでブッシュ本来の性能が発揮出来ます。また、ブッシュのへたりも少なくなり、車高調取り付け後の車高の変化量も少なくなるはずです。


今回はキットにリヤの減衰調整ケーブルが付属されていたので内装に穴を開けてケーブルを取り付けしました。

c0236613_915060.jpg



ここまで終わると、仕上げのアライメント調整作業に入ります。

c0236613_9163062.jpg



今回の車両はリヤのトウとフロントのキャンバーとトウの調整になります。

運転席に乗り込むとトウやキャンバーが変化するのでそれらを見越して調整を行います。
車両によっては大きく変化する車両もあります。


以上でこちらでやっている車高調の取り付け作業は完了です。


作業依頼、ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-27 09:27

BL5 レガシイSTi リヤLSD組み込み作業。


BL5 レガシイにGDBの純正LSDを流用しての組み込み作業依頼です。

c0236613_83278.jpg


c0236613_8322522.jpg



デフキャリアを車両から取り外します。

c0236613_8334370.jpg



BL5レガシイのSTiのリヤデフにGDBインプレッサのLSDは無加工で装着可能です。

バックラッシュを調整した後、歯当たりの点検も行います。

c0236613_8372066.jpg


全てのパーツを組み込みしてデフ廻りの作業は完了です。


次にタイミングベルト交換時期になっていたので同時に作業をさせていただきました。

今回はHKSの強化ベルトを組み込みします。

c0236613_8401458.jpg



当店ではタイミングベルト交換時にはカムシャフトシールやクランクシャフトシール、ウォーターポンプなどを同時に交換される事をお勧めしています。スバルのEJ20は年式が新しくなるほどこれらの交換作業が複雑化します。タイミングベルトガイドの調整があったりAVCSがINEX共に装着になったりしています。


交換前。

c0236613_848102.jpg



交換後。きれいな色をしていますがタイミングベルトカバーを取り付けすると完全に見えなくなってしまいます。

c0236613_8483544.jpg



ここまで組み付けすれば後は全年式同じくらいの要領で作業完了です。

c0236613_8501699.jpg



作業依頼、ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-17 08:53

YA5 エクシーガ パドルシフト取り付け作業。



YA5 エクシーガに後期から設定になったパドルシフトを取り付けしたいとの要望を受けたのでまずは配線図から取り付け可能か確認しました。

c0236613_8395822.jpg



配線図を確認するとシフトレバーのアップダウンスイッチから単純に分岐配線となっていたため、ハーネスの加工でなんとかなりそうでした。

何が必要になるか純正部品を調べていると、KITサービスからパドルシフトフルセットの商品が販売されていました・・・・
しかもカプラーオンなので車両ハーネスの加工も必要ありません。

もっと早い段階で気が付くべきでした。


早速取り付けします。

ステアリングエアバックを取り外しパドルシフトを取り付けます。

c0236613_8455885.jpg


ステアリングやコラムカバーを取り付けするとこのようになります。

c0236613_8473541.jpg



この商品の存在に早く気づいていれば時間を有効利用できたというお話でした。

c0236613_8501547.jpg



作業依頼ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-13 08:51

AW11 MR2 LSD組み付け作業。



AW11 MR2にクスコのLSDを組み込みやクラッチ交換の作業依頼です。

c0236613_8373369.jpg


すでにMR2用のクスコのLSDは販売終了していましたが、在庫分の部材を組み合わせれば出荷可能との事だったのですぐに発注致しました。


早速ミッションを降ろします。

c0236613_839363.jpg


c0236613_8395337.jpg



作業途中でヒーターパイプからの冷却水漏れを発見。ヒーターパイプを取り外します。

c0236613_8412924.jpg


燃料タンクを取り外さなくても摘出できるかとチャレンジしてみましたが、結局燃料タンクを降ろさなくてはヒーターパイプは交換出来ませんでした。

c0236613_8425862.jpg



LSDの組み込まれたミッションを搭載します。

c0236613_8435135.jpg



c0236613_8444724.jpg



こちらでの作業は完了ですが、オーナー様LSDの慣らし運転頑張って下さいね。

作業依頼ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-10 08:47

ここ最近のアライメント調整作業。


最近アライメント調整作業させていただいた車両の紹介です。


NB8 ロードスター、車高調を取り付けされたので調整依頼です。

c0236613_8134511.jpg



FD2 シビックタイプR、中古車を購入されて一度も計測された事がないので、現状確認と若干の仕様変更を施しました。

c0236613_8171413.jpg



HCR32 スカイラインタイプM、あちらこちらにガタや取り付けに問題があり、それらを修理して仕上げのアライメント調整です。

c0236613_8202716.jpg



マークX、ダウンサス取り付け後のアライメント調整です。

c0236613_826565.jpg

c0236613_8264097.jpg


作業依頼ありがとうございました。

アライメント調整前には各部のブッシュやボールジョイントなど、事前に点検される事をお勧めします。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-10 08:22

ZZT231 セリカエンジン載せ替え作業。



ZZT231 セリカ エンジンブローのため中古エンジンに載せ替え作業依頼です。


サーキット走行後、帰宅途中にエンジンがかからなくなったということで車両を引き取りに行きました。
現状を確認してみるとエンジンが完全にロックしてしまってセルモーターも回りませんでした。

c0236613_8174033.jpg


早速エンジンを降ろして確認してみたところこのような状況になっていました。

c0236613_8171666.jpg


4番シリンダーのインテークポートの画像です。バルブが折れてその中にはピストンの破片のような物も確認出来ます。
エンジンオイルを抜いた時点でエンジンオイル内から大量の冷却水も一緒に出てきました。

c0236613_8203151.jpg



今回用意した中古エンジンです。状態が良さそうなものがあって良かったです。
中古エンジンはキープが出来ないため、業者に早く返事をしなくてはすぐに売れてしまう可能性があります。
c0236613_8225073.jpg



補器類を付け替えてエンジンを搭載します。センサーハーネス等もきれいにまとめます。

c0236613_8235029.jpg



オイルを入れて冷却水を入れてエンジンを始動して問題が無いか確認をします。

エンジン始動後、アイドリングの回転数が高かったため再点検です。
インテークマニホールド内やスロットルボデーにまでクーラントが付着していたためなのかアイドルコントロールバルブの動きが少し悪くなっていたようです。
イグニッションONでISCがちゃんと動くようになったのでもう一度組み付けて確認します。
適正なアイドリング状態に戻りました。


c0236613_836992.jpg



お待たせ致しましたが、以上で作業は全て完了です。

作業依頼、ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-03-05 08:39

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE