DA63T キャリィ サーモスタット交換作業。



DA63T キャリィトラックのサーモスタット交換作業です。

この時期にヒーターが効かないのはつらいですよね。

作業開始です。

昔の軽トラックであれば大体シフト周りを取り外すとサーモスタットが丸見えになります。

がこの車両は違っていました。シフト周りを取り外してサーモスタットの位置を確認。ラジエータホースの行き先を辿っていくとエンジンの一番後側にサーモスタットケースを発見。

c0236613_18574929.jpg


さらに周りのパーツを取り外してサーモスタットを摘出します。

c0236613_18585066.jpg


c0236613_1859137.jpg


取り外されたサーモスタットです。このような状況になっていました。

c0236613_19889.jpg


c0236613_1982429.jpg


パッキンの部分がぼろぼろになってちゃんと閉まりきっていません。

新品のサーモスタットを組み込んで冷却水のエア抜き作業を施して作業完了です。

これでヒーターも良く効いて快適です。
[PR]

  by sij1999 | 2014-12-26 19:10

<< 今年の作業。 EF9 シビック セッティング作業。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE