ZN6 86 HKSエキゾーストマニホールド性能比較。


ZN6 86にHKSのエキゾーストマニホールド取り付け作業依頼です。

装着前と装着後の性能の比較もしてみました。

まずはノーマルの体力測定です。

c0236613_9123553.jpg



早速交換作業に取り掛かります。

純正のエキゾーストマニホールドです。

c0236613_91433100.jpg


取り外し完了。

c0236613_9162261.jpg



今回はHKSのエキゾーストマニホールドとフラッシュエディターのセットの組み合わせです。

c0236613_9173485.jpg

c0236613_918160.jpg


装着していきます。

このように仕上がります。

c0236613_9191294.jpg


c0236613_9194679.jpg



装着後、フラッシュエディターのフェイズⅡのデータに書き換えます。今回はパワーライターでのデータ変更は行わず吊るしのデータです。

エキゾーストマニホールドとフラッシュエディターでのECUデータ書き換えでの性能の変化を確認します。

ちなみにフルノーマル状態で中間域のトルクの谷をなくそうとがんばってみた事がありましたが、改善はされましたが落ち込みを消すことはできませんでした。

c0236613_925636.jpg


気になる結果がこちらです。

青い点線が装着前で黄色い実線が装着後となります。

トルクグラフ

c0236613_9292935.jpg



パワーグラフ

c0236613_9302664.jpg



という結果になりました。中間域でのトルクの落ち込みがなくなっています。

86に乗られたことがある方はご存知かと思いますが、加速途中に一旦トルクの落ち込みを感じた後また加速を始めるといった傾向にあります。
今回のパーツの組み合わせでこのトルクの落ち込み感はまったく感じられなくなりました。

待ち乗りメインの方でもお勧めのパーツですね。


作業依頼ありがとうございました。
[PR]

  by sij1999 | 2014-04-11 09:38

<< ダイナパック・・・。 CP9A ランサーエボリューシ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE