DR30 スカイライン セッティング



少し前の作業になりますが、DR30 スカイライン トラブルシューティングとセッティングです。

レストアされていて内装、外装共にすごくきれいな車両です。

この車両はRB26に載せ替えしてあり色々とトラブルシューティングをした後のセッティングでした。

                 

                       
c0236613_08301347.jpg
大きなトラブルもなくセッティング完了。

c0236613_08295729.jpg
c0236613_08294650.jpg

このパッケージだともっとブレーキの強化が必要そうです。


次に少し変わった作業編。

GC8 インプレッサのダッシュボードに植毛塗装の施工。


c0236613_08413787.jpg

表面はこのような感じに仕上がります。

c0236613_08415651.jpg


組込み完了です。




c0236613_08422186.jpg


センターコンソールのボックスの蓋へも施工しました。

c0236613_08424495.jpg



室内の質感を変えたい時などにお勧めの作業です。

作業のご依頼ありがとうございました。











[PR]

  # by sij1999 | 2017-03-10 08:55

GDB インプレッサ カムシャフト交換作業。



GDB インプレッサのカムシャフト交換作業です。

その他にも色々と作業をさせて頂きました。

まずはリヤデフを降ろしてLSDの組込みとデフカバーの交換です。

                             
c0236613_09043825.jpg


次にミッションを降ろしてフロントLSDの組込みも行いました。


                   
c0236613_09044783.jpg


エンジンもミッションも取り外されました。

c0236613_09032122.jpg

c0236613_09014767.jpg
次にカムシャフトの交換作業に移ります。

c0236613_09013806.jpg
バルブクリアランスの調整はリフターシムで行います。

手持ちのリフターでは全てのバルブクリアランス調整は出来なかったので追加注文です。

c0236613_09015731.jpg

両バンク調整が完了です。次にインテークバルブタイミングの確認とエキゾーストバルブタイミングの調整です。

c0236613_09022154.jpg
エンジンを搭載してECUのチューニングを行います。

c0236613_09035357.jpg
c0236613_09040969.jpg

これにて全ての作業が完了致しました。

入庫時のエンジン不調の診断に時間がかかってしまいました。原因はECUの不良でした。

たくさんの作業のご依頼ありがとうございました。



        

[PR]

  # by sij1999 | 2017-02-27 09:19

NCEC ロードスター ロールバー取付け作業。




NCEC ロードスターにロールバーの取付け作業のご依頼です。

今回装着したロールバーはオクヤマ製のリヤ4点式。

いつもの様にロールバーパットを巻いて車両に装着していきます。

リヤ4点式ということで安易に考えていましたが思いのほか大変でした。

オクヤマのNC用のリヤ4点式はリヤバーを取り外すことによって幌の開閉が可能になります。

リヤバーの取外しにはメインバーの上にスライドするパイプがあってそのパイプをずらすことによって取外しが可能になります。
紙パックのジュースなどについている伸縮するストローのような形状です。

メインアーチとリヤバーの取付け角度が曖昧だとスライドするパイプがうまくスライドしてくれなくなります。
メインアーチを後ろよりにもって行くとスライドは楽になるけれど幌に干渉してしまいます。

                        

                  


c0236613_08393779.jpg


そんなこんなで装着完了です。


                   

                      
c0236613_08395565.jpg
シートベルトのアンカーボルトの台座は溶接にて取り付けです。



                        
c0236613_08392165.jpg

内装も加工して取り付け可能なものは全て取り付けしてあります。

シートなどを取り付けして作業完了となります。




以前型紙で作っていた物を鉄板にて製作。

c0236613_08401937.jpg
  

c0236613_08403077.jpg

車体の補強プレートです。いい感じに仕上がりました。










[PR]

  # by sij1999 | 2017-02-20 08:38

どっさりと降りました。



今年は雪があまり降らないと思っていましたが少し前にどっさりと降りました。


                            
c0236613_18442313.jpg

現在は除雪によって集められた雪が駐車場の一部にある程度です。

冷蔵庫の中くらいの気温ですが作業のほうは進めております。

仕上げのアライメント調整を行っているZN6 86後期。

                  
c0236613_18425803.jpg
c0236613_18424669.jpg

大変お待たせ致しましたが、本日無事納車完了です!ありがとうございました。

作業をさせて頂きながら86後期を研究させてもらいました。

c0236613_18562244.jpg
 
86前期に取付けしようと考えている部品。うまく作れるかな?







               
[PR]

  # by sij1999 | 2017-01-29 18:59

ロールバーパットの簡単な巻き方・・・




ロールバーパットを簡単に巻ける方法・・・・

そんなやり方があったら教えてもらいたいです。

そこで自分のやっている方法をご紹介します。

まずは必要な長さにロールバーパットをカットします。
次にパットに切れ込みを入れます。カットする位置は接着面が車両上方のほうが取り付けしたときに接合面が隠れるので良いと思います。

まずはパットをカットする位置です。

このようにカットするとうまくいきません。

                          
c0236613_08590101.jpg

この部分でカットすると接着しやすいです。
c0236613_08584266.jpg



カットする道具ですが、裁縫の時に使うハサミだときれいにカットできます。

次にあらかじめパットにフランジ部分の切れ込みを入れておきます。この位置関係を決めるのが難しいです。

これでパットを巻く準備完了。

次に使用する道具。
                      
                    
c0236613_08574762.jpg
これをパット内部に塗っておきます。化粧するときに使う刷毛?で塗るときれいに塗ることが出来ます。

                         


c0236613_08575735.jpg
潤滑材やシリコンスプレーを使用すると接着面に付いたときに接着できません。

接着材は今まで使った中ではこれが良かったです。

                    
c0236613_08573740.jpg

次に接着作業に移ります。50ミリ間隔くらいでくっつけていくと良いでしょう。ここで重要になるのが元々の場所にくっつける事です。
位置関係がずれてしまうときれいに仕上がらないのであらかじめ位置がずれないようにマークか何かをつけておくと良いと思います。

                              
c0236613_08580983.jpg
次は50ミリ間隔の真ん中あたりを接着します。

                         
c0236613_08582427.jpg
最後は残り部分を接着していけばOKです。はみ出た接着剤はその都度すぐにふき取りましょう。

c0236613_08593619.jpg
   
                        


c0236613_08592623.jpg

このままでもきれいなのですが、万が一剥がれてはいけないのでアセテートテープで仕上げます。
ドライヤなどで暖めてやらないとすぐに剥がれてしまいます。

                       
c0236613_09002205.jpg
これにて作業完了。

メインアーチ以外のバーは切り込みを入れて接着しなくてもキャロッセのロールバーパットの説明書に記載されているようにやってしまえばうまくいくと思います。パット内にシリコンスプレーをたくさん吹いておくと作業が楽です。コンプレーッサーが必要な事と、2人以上でないと通すことが出来ません。

以上、当店のロールバーパットの巻き方のご紹介でした。










[PR]

  # by sij1999 | 2017-01-21 09:42

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE